アプロのテニス上達ブログ

読めばテニスが上手くなる!テニスバカが「これは!」と思う上達法やグッズを紹介します

アドセンスレスポンシブ


速読トレーニングと集中感覚力で突然サーブ&ボレーが出来るようになった その2

投稿日:2011-02-19 更新日:

前回の続きです。前回の記事はこちらです。

 

僕はテニスを上達したくて、速読講座を受けました。きっかけはこの本です。

呉真由美さんが出演された番組をみたのもきっかけの一つです。

150kmもの剛速球を打ち返せるようになるんなら、テニスも上達するんじゃね?と思って速読トレーニングを始めました。

 

スポンサーリンク

サーブアンドボレーができるようになったきっかけ

その速読講座で言われて一番心に残っていたのが
『こだわりを捨てると楽になれることがたくさんありますよ』
という言葉でした。

そういえば、大好きなカウンセラーの石井裕之さんも『執着したものは手に入らない』と言ってました。

そして、集中感覚力トレーニング講座で言われたこの言葉でパーンとスイッチが入りました。
『もっともっとと思うより、今できることを淡々とこなした方が結果として上達が早くなる』

なので、捨ててみました。

『速いボールを打つ』

というこだわりを。

速いサーブを打ちたくて色々と試したりしてたのですが、こだわりを捨てると、サーブのフォームなんてどうでもよくなってきました。そして、単に楽に振れるフォームに変更。しかもあっさりと。

そうすると、

サーブのスピードは落ちちゃったんですけど、今までのフォームに比べてすごく楽に振れました。サーブ打った後もすごく楽で自然な感じ

今まで、サーブ打った後にどれだけ余裕がなかったかよく分かりました。

サーブを打った後、身体が勝手にネットダッシュ&ボレー!
バシッと決まりました。そこからはサーブ&ボレーで連続ポイント!今まであれだけ苦手だったのに。

 

スポンサーリンク

更なる衝撃の結果が訪れました!

その感覚でプレーを続けていたら、なぜか

サーブのスピードも上がってきました。

もしかしたら、今までより速いかも!

こだわりを捨てるというのは、feeling tennis戸村さんのいう『集中感覚力』とか『無』とかいうものにつながるんだと実感。

速いボールを打つというこだわりを捨てたら、
サービス&ボレーができるようになって、
しかもサーブが速くなった!

捨てたはずのものが手に入っちゃいました。しかも前よりはるかにパワーアップして!なんか禅問答みたいですね。

もし上達の壁にぶつかってるなら、そのこだわりを捨ててみてはどうでしょうか?僕はそれですさまじく上達できました。

テニスブログ 336x280

テニスブログ 336x280

関連コンテンツ

いまあなたに読んでほしい

-feeling tennis, 上達法
-, ,

Copyright© アプロのテニス上達ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.