アプロのテニス上達ブログ

読めばテニスが上手くなる!テニスバカが「これは!」と思う上達法やグッズを紹介します

アドセンスレスポンシブ


岡田ジャパンと天外塾からテニス上達のヒントを学ぶ

投稿日:2010-07-30 更新日:

ワールドカップ感動しました!

終わった後、なんだか『ありがとう』という気持ちになりました。

そんな岡田ジャパンですが、その活躍を支えたものの一つに、『天外塾』という経営塾があった様です。
岡田監督が心酔する経営塾の正体とは

塾で教えてもらったことをサッカーに応用した岡田監督は、昨年末に都内の大学で講演した際、こう語っている。

「大脳は、本能に近い旧皮質と、そのまわりにあって物事を論理的に考えたり、言葉をしゃべったりする新皮質でできている。本来、スポーツは旧皮質を使ってやるべきだが、日本人は新皮質で考えながらやっている。ある意味、旧皮質を使って直感的に試合をしなくてはならない

天外氏によると、これこそが「燃える集団」を作るために必要なことという。

「岡田監督は選手が考えすぎないよう、シンプルにボールをつなげとだけ指示し、皆でビデオを見ているときに監督自身が『いいドリブルだ』とつぶやくことで、直接メッセージを選手の旧皮質にすり込むという工夫をしました」(天外氏)

各選手に、自分のいいプレーの映像だけを集めたビデオを見せるという手法も、「燃える集団」に導くのに有効だったとされる。

「意識ややる気が『燃える集団』の状態になると、奇跡が起きます。日本代表がW杯で格上チームに2勝し、決勝トーナメントに進出したこと自体が奇跡で、それを証明した」(天外氏)

スポンサーリンク

これは正にfeeling tennis!

この記事を読んで思いました。これって、正にFeeling Tennisじゃないか!
Feeling Tennisって何?という方は、こちらを読んでみてください。

no image
Don't think. FEEL!! そして Feeling Tennis part2

前回の、Feeling Tennisのご紹介いかがでした? 今日は前回の補足です。 前回、Feeling Tennisメ ...

Feeling Tennis 戸村さんの動画 - 大脳生理学を利用した新しいテニス上達法

以前ご紹介したFeeling Tennisの戸村さんの映像がYouTubeにアップされてました Feeling Tenn ...

やっぱり、結果を出す考え方っていうのは同じなんですね。

テニスブログ 336x280

テニスブログ 336x280

関連コンテンツ

いまあなたに読んでほしい

-feeling tennis, テニスが上達する本
-,

Copyright© アプロのテニス上達ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.