黒猫アプロのテニスブログ

テニスバカ アプロが『これは!』と思う上達法やテニスグッズを紹介します

アドセンスレスポンシブ


ABテスト

『ごめんなさい』がテニスを下手にする!テニス上達のために『ごめんなさい』禁止!その2

投稿日:2011-04-26 更新日:

前回、『ごめんなさい』がテニスの上達を邪魔してるという話をしました。

no image
『ごめんなさい』がテニスを下手にする!テニス上達のために『ごめんなさい』禁止!その1

サークルなどで練習していると、『ごめんなさい』が飛び交ってませんか? ミスするたびに『ごめんなさい、ごめんなさい』 でも、僕や、僕の周りの方は『ごめんなさい』は言いません。だってテニス上達したいから。 ...

ミスしたときなどに『ごめんなさい』を言わない人の方がテニスの上達が早いというのは前々から聞いてました。

他には、『コーチのいうことを聞かない生徒の方が上達する』とか。この話は複数のコーチから聞きました。おいおい^^;

そして、feeling tennisに出会ってその理由が分かりました。

スポンサーリンク

なぜ『ごめんなさい』を言わない方がテニスの上達が早いのか?

なぜ『ごめんなさい』を言わない方がテニスの上達が早いのか?

僕が一番言ってはいけないと思うのは、ボールを打った瞬間に出てしまう『ごめんなさい』です。まぁ、実際は『ごめんなさい』って言わなきゃいいという表面的な問題ではないんですが。

feeling tennisを実践している方ならわかりますよね?キーワードは『集中点』です。どういうことかというと『ごめんなさい』という言葉が口から出た瞬間、集中すべき対象から意識が離れてしまうんですね。実際は意識が離れているから『ごめんなさい』って言っちゃうのかもしれません。

では、集中すべき対象とは何なのか?

この辺りもfeeling tennisのメルマガでわかると思います。きっと、テニスが変わりますよ!
無料 オンラインメールクリニック~フィーリングテニス~

そうそう、試合でドチャンスボールミスった時とか、コミュニケーションの一つとして『ごめ~ん』と言っちゃうことはあります。

まぁ、それはそれでありかなとも思うんですが、実はもっといい方法があります。それはこちらで。

no image
『ごめんなさい』がテニスを下手にする!テニス上達のために『ごめんなさい』禁止!その3

前々回、前回の続きです。 前回書いた 試合でドチャンスボールミスった時とか、コミュニケーションの一つとして『ごめ~ん』と言っちゃう事はあります。それはありかなとも思うんですが、そんな時にはもっといい方 ...

 

前回も書きましたが、悪いことしちゃったときは謝りましょうね!

 

関連記事

関連記事をまとめました。上達したい人はぜひ読んでみてください。
no image
テニスを上達するために「ごめんなさい」やめてみませんか?

暑い日が続きますね。こんな日はやっぱりインドアテニスです。インドアでも結局暑い上に風が無いので蒸し風呂状態。。。 でも、やっぱり直射日光に当たるのとでは疲労が違いますね。 お日様の下でテニスした後って ...

no image
『ごめんなさい』がテニスを下手にする!テニス上達のために『ごめんなさい』禁止!その1

サークルなどで練習していると、『ごめんなさい』が飛び交ってませんか? ミスするたびに『ごめんなさい、ごめんなさい』 でも、僕や、僕の周りの方は『ごめんなさい』は言いません。だってテニス上達したいから。 ...

no image
『ごめんなさい』がテニスを下手にする!テニス上達のために『ごめんなさい』禁止!その2

前回、『ごめんなさい』がテニスの上達を邪魔してるという話をしました。 ミスしたときなどに『ごめんなさい』を言わない人の方がテニスの上達が早いというのは前々から聞いてました。 他には、『コーチのいうこと ...

no image
『ごめんなさい』がテニスを下手にする!テニス上達のために『ごめんなさい』禁止!その3

前々回、前回の続きです。 前回書いた 試合でドチャンスボールミスった時とか、コミュニケーションの一つとして『ごめ~ん』と言っちゃう事はあります。それはありかなとも思うんですが、そんな時にはもっといい方 ...

no image
『ごめんなさい』がテニスを下手にする!テニス上達のために『ごめんなさい』禁止!その4 松岡修造編

まず、この動画を見てみてください。   スポンサーリンク 謝るな!絶対謝るな! 注目すべきは、6:06付近の『謝るな!すいませんって絶対謝るな!』と6:30付近の『謝るな!いいか!覚えとけ! ...

no image
『ごめんなさい』がテニスを下手にする!テニス上達のために『ごめんなさい』禁止!その5 ありがとうのOリング(オーリング)編

前回、もっとすごいネタがありますよと書きましたので、その“すごいネタ”と言うやつををご紹介します。 テニス(特に練習中やダブルスの試合中)ほど無意味に『ごめんなさい』が飛び交うスポーツもないですよね。 ...

テニスブログ WP 336x280

テニスブログ WP 336x280

関連コンテンツ

よく一緒に読まれている記事

-feeling tennis, 上達法
-

Copyright© 黒猫アプロのテニスブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.